2020年5月20日水曜日

新型コロナ対策の追加要請

 
 5月19日、日本共産党旭川市議団(能登谷繁団長)が、新型コロナ対策の追加の要請を市長に提出し、意見交換しました。
 4月に行った要請に加えて、緊急事態宣言の延長に伴う追加の対策を求めたものです。
 特に、国保料の減免を適用することや、学生等の支援のために夜の時間帯や土日にも緊急雇用を広げることなどを要請しました。
 西川将人市長は第2弾の経済対策を検討すること、党が提案した学生アルバイトには30人の雇用枠を用意したこと、困窮者に配慮した対策をとっていきたいと述べました。

2020年5月19日火曜日

検察庁法改定案の今国会断念 民主主義の底力

 
 5月19日、久しぶりの千代田地域朝宣伝。
 検察庁法改定案の今国会での採決を断念。
 検察幹部の定年を内閣の意向で特例的に延長することを可能にするもの、インターネット上などに急速に広がった反対の世論と野党の論戦が、今国会での成立断念に追い込みました。
 廃案にするために力を合わせましょう。
 民主主義の底力で政治を変えていきましょう。

2020年4月28日火曜日

臨時議会開会 新型コロナ対策

 4月28日、臨時議会が告示、1日に本会議開会となります。予定を繰り上げて、新型コロナ対策の補正予算などを審議する予定です。
 一人10万円の特別定額給付金の支給、市の臨時雇用、入院病床と検査体制の充実、国保の傷病手当金の支給、飲食店の固定費の支援や運転資金の無利子の借入、バスやタクシーなどの公共交通や宿泊施設に対する支援金も予算化されました。

2020年4月24日金曜日

新型コロナ対策 自粛と補償を一体で

 
 4月24日、西川将人旭川市長に新型コロナウイルス対策にあたって、石田尚利委員長、真下紀子道議と4人の市議団が要請しました。
 感染症防止のためにも自粛と補償を一体で行うことを求めながら、特別定額給付金の取り扱い、経済・雇用対策、医療現場への支援、国民健康保険の傷病手当金支給、市民や中小業者の相談窓口の整備、小中学校の休校対応、財源確保について対策を求めました。
 西川市長からは、総額で10億7千万円の第一次緊急対策を臨時議会に提案することや、危機感を持って感染対策に取り組む決意が述べられました。

2020年4月12日日曜日

オプタテシケ山が綺麗

 
 4月12日、家路につく途中の南6条通から見えるオプタテシケ山があまりにも綺麗だったので、少し足を伸ばし東川方面まで行ってみました。
 左からオプタテシケ山、べべツ岳、美瑛富士、美瑛岳。その隣の十勝岳はごめんなさい欠けてしまいました。

2020年4月2日木曜日

新型コロナ対策 道北勤医協の要請

 
 4月2日、道北勤医協の鈴木理事長らが西川市長に対し、「医療機関、介護・福祉事業所への支援に関する要望書」を提出し、能登谷繁議員も同行しました。
 現場ではマスクやガウンなどの医療材料や手指消毒剤の不足が深刻化、外来通院患者・通所介護利用者は3割以上減少、医療介護収入は15%以上減少の見通し、防護服が無くなりゴミ袋をかぶっている医療機関もあるなどの深刻な実態。
 医療機関が使える長期・無利息の融資制度を国に要請する事、マスクやガウンなどの衛生材料や消毒用アルコールを政府と自治体の責任で確保すること、爆発的感染拡大に対応した緊急的入院医療体制の構築、市立旭川病院の空き病棟の緊急時の活用などを要望しました。
 西川市長は、国等に要望することなどを検討したいと述べ、今後の病床確保については、市長は市立旭川病院の空き病棟を順次活用する検討をしていることを明らかにしました。

2020年3月29日日曜日

北を創る 審査員特別賞

 
 2月に行われた旭川文化芸術協議会の第31回舞台公演「北を創る」では、急遽、長唄の柏奈美会に審査員特別賞を贈ることになりました。
 表彰状と記念の楯がようやく届き、3月29日、代表の柏伊奈美先生にお届けしました。

2020年3月26日木曜日

一般会計(当初予算)に初めて賛成

 
 3月26日、第1回定例会が閉会。
 日本共産党市議団は、一般会計予算に賛成しました。
安倍政権の悪政の影響を受けて様々な課題はあるものの、市民のくらしや地元の経済のために努力している姿勢は評価できるものがあります。
 旭川大学の公立化や市立児童相談所の設置という重要課題について、賛成し付帯決議を可決することで、議会合意や市民合意をはかっていくことが可能になります。
 以上の理由で当初予算に初めて賛成し、能登谷繁が賛成意見を述べました。

教員の変形労働時間制を導入しないことを求める意見書などが可決

 

 3月26日、日本共産党市議団の提出した意見書案、教員の変形労働時間制を導入しないことを求める、子ども医療費助成制度の拡充を求める、温室効果ガス排出量の「実質ゼロ」へ向けた取組の強化を求める、国民健康保険事業における交付金の減額に反対する、4本とも可決しました。

2020年3月13日金曜日

能登谷繁の代表質問

 
 3月13日、新型コロナウイルスの影響で二度延期になり、ようやく代表質問しました。
 新型コロナウイルスによる経済的影響については、中小業者やフリーランスが売上や収入がない中で、国保料や税金の支払いにも支障が出る事態であり、納付の猶予や緩和制度の積極活用が必要と提案しました。
 市長は「この感染症の拡大に起因して、納付困難な納税者に対しては、猶予等の緩和制度の活用を積極的に図るよう担当部局に指示する」と答えました。