2019年3月11日月曜日

真下・のとや演説会 東光・豊岡地域で


 3月10日、この日2か所目の真下・のとや演説会を東光・豊岡地域で開催。
 道北勤医協の鈴木和仁理事長、旭川民商の高橋勉副会長から応援をいただきました。
 石川知事の実現・真下道議再選で、国言いなりの道政をチェンジし、地方路線を維持し、安全・安心の北海道をつくりましょう。カジノや原発はストップさせましょう。
 後半戦は、のとや繁をはじめ4人の市議団の完勝で、参院選に勢いをつけて、安倍政治にサヨナラするためにご支援を!

2019年3月10日日曜日

真下・のとや演説会 永山地域で



 3月10日、真下・のとや永山地域演説会。
新日本婦人の会の帰山育子支部長、道北勤医協の菅原保明常任理事の応援演説、地域の方から必勝千羽鶴をいただきました。
 地方自治が問われる選挙。石川知事を実現し、真下道議再選させ、国言いなりの道政をチェンジしましょう。
 後半戦は、のとや繁はじめ4人の市議団でくらしと平和を守るため働かせてください。

2019年3月9日土曜日

ペーパン地域 農作業の準備始まる


 3月9日、東旭川ペーパン地域を訪問。
 農家のみなさんはビニールハウスを建てて農作業の準備を始めていました。
 医療や介護、ごみ出し、交通のことなど農村生活の様々なご意見が寄せられました。
 昨年の大雨で被害にあったお宅では、真下道議・のとや市議が国交省や農水省に被害対策を求めて奔走したことに感謝の声が寄せられました。

2019年3月6日水曜日

安倍政治で市の財源30億円減らされている

 3月6日、大綱質疑に立ちました。
 安倍政治の影響は旭川市の財政にも色濃く出ています。年間約30億円の財源が減らされていることが明らかになりました。主要財源を約15億円削り、社会保障関連経費の伸びを約30億円抑えています。
 旭川市の財政にとっても、市民のくらしや地域経済を守る上でも、安倍政治にサヨナラすることが一番の近道です。

2019年2月18日月曜日

北を創る30周年

2月17日、旭川文化芸術協議会の「北を創る」30周年記念公演が、市民文化会館の大ホールを満杯にして開催されました。
 箏、尺八、三味線、長唄、日本舞踊、バレエ、フラメンコなど、どの団体も素晴らしいものばかり。特に社中を超えた合奏や、津軽じょんがらとフラメンコなどは圧巻でした。
 旭川市長賞、教育長賞、北海道新聞賞、NHK旭川賞は、未来を担う子どもたち、旭川ジュニア孝山会、西神楽中学校、忠和小学校、東光小学校に贈られました。

2019年2月17日日曜日

2・17日本共産党演説会

 
2月17日、日本共産党演説会。
 紙智子参議を招いて、真下紀子道議、のとや繁・石川厚子・小松あきら・まじま隆英各市議が2大選挙に向けて決意を述べました。


2019年2月15日金曜日

永山西後援会の朝宣伝


 2月15日、永山西後援会の朝宣伝。
 衆議院予算委員会の志位和夫委員長の質疑で、安倍首相は家計消費も実質賃金もマイナスを認めざるをえず、消費税増税の根拠は総崩れです。